脱!期待

手放す

「それくらい気がついて
行動するのでは?」

「困っているのに
どうして助けてくれないの?」

などなど・・

自分だったら気を回して
こうするのになぁってことを
周囲の人がしない時

プチプチってキレたり
していませんか?

私の趣味はテニスをすること
なんですが

練習会を企画するようになって
スムーズに運営するために
様々な苦労がありました💦

企画するからには
自分が楽しむことはもちろんのこと

参加してくれた人たちみんなが
楽しんでくれるようにと

テニスのレベルや
男女比
人間関係を配慮して

適度の休憩ができ
なおかつ待ち時間が
長すぎて退屈することが
ないように

多すぎず、少なすぎず
の人数を集めるように考慮
しています☆

つまり
私のテニス企画のこだわりの1つは
人数調整です

適度な人数を集めるって
最初は簡単では
ありませんでした

お誘いに対して
参加するかしないかの
返事がなかなか来ない人がいたり

遅れたり早退する人が
いることで
予定の人数より少なくなり

ゲームができなくなって
しまったり

などなど

どうして早めに知らせてくれないの?
と思って自分がいて

最初はいろいろ
とまどいました(^^;

でも

返事がすぐにできない人には
できない理由があるのかもしれないし

間際に予定は決めたいと
考えているのかもしれない

遅れてでも早退してでも
いいので
短時間でも参加したいと
思っている人もいたり

どうしたいかは相手の
自由なわけです

ということで
こちらも
誘った以上は
断れないと思うことをせず

人数集まったら締め切ります!
と先に宣言して

お返事が遅い方には
人数が集まり次第
キッパリお断りするようにして

ドタキャン、遅刻早退の
リスク回避も鑑みて
少し多めに誘うようにしていくことで

かなりスムーズに運営できる
ようになりました☆

参加したい人は
早く予定を確認して
早く返事をくれるように
なりましたし(^^)

そもそも
イライラの原因は
相手の言動や態度が

自分の期待どおりではないから
なんです

自分も期待に応えなければ
ならない

そう思えば思うほど
他の人に対して

自分の期待に応えて欲しいと
思ってしまう自分がいたことに
気づき

自分への脱!期待をしていく
ことで

他人への脱!期待
できるようになりました(^^)/

自分と他人とは違うんだと
認識すること

そして、尊重することで
人間関係が多くは
かなりスムーズになるでしょう

あなたが誰かに期待していることは
何ですか?

それは、自分へも期待していませんか?

期待すること自体は
悪いことではないのかもしれませんが

何か負担に感じているのであれば

自分へも他人へも
期待しすぎていないかを
見直す必要があるかも
しれません☆


a:91 t:1 y:0