精神病と心身症と神経症

精神世界

ここでは詳しい内容ではなく
おおまかに説明したいと思います

精神病とは

精神病は
主に内因(遺伝体質的素因)
による精神障害で
統合失調症や躁うつ病などの病気のことで

脳という臓器の不調による
心の病です

精神科か神経科を受診されることを
お勧めします

精神病は
本人が気づきにくいため
家族や周囲の方々が気づいて
受診することになるという場合が
多いです

心身症とは

心身症とは
社会・心理的要因(心因)によって
生ずる身体的変化

精神的ストレスによるからだの変化
と言える

(精神医学ハンドブック参照)

つまり、
腹痛や頭痛など体の症状の原因が
悩みやストレスの場合は
心身症です

この症状は心身症かな?と思ったら
内科医か心療内科を受診するのを
お勧めします

神経症とは

ノイローゼという言葉の方が
聞いたことある人が多いかも
しれません

心の病の8割の人がこの神経症だとも
言われています

神経症は
悩みやストレスによって
発症する心の病です

病院に行って薬を飲んだりするだけでなく
生活習慣や環境を整えたり

考え方、捉え方、行動を変えていく
ことも大切です

カウンセラーが支援できるのは
主に神経症の人たちになります

心の病になったかもしれない
と思った時には

どの専門家に相談に行けばいいのか
選択することが重要になります☆

a:123 t:1 y:0