思いやりの使い方

思いやり

誰とでも仲良く
誰にでも親切に
誰に対しても優しく・・

というように

私たちは小さい頃から
親や教師などから

誰にでも公平に思いやりを持って
接していかなければならないと

教わってきたのではないでしょうか☆

「思いやりのある人」は
とても素敵な人ですが

誰にでも同じように
思いやりを持って接して
いくべきなのでしょうか

思いやりとは

思いやりとは

他人のために気遣ったり同情したりする気持ち
(weblio辞書より)

相手の身になって考えたり察することで
自然と思いやる行動につながって
いきます

自分が相手にしてあげたいと
思ってしてしまう行動は

思いやりではなくて
おしつけやおせっかいや干渉に
なってしまう場合があります
ので要注意です💦

相手が望んでいることを察して
こちらができる範囲のことで
接していくことが
思いやりなのです☆

そして、自分の行動に対して
決して相手に見返りを求めることは
しませんが

相手から感謝の意を示されたときは
ちゃんと受け止めるのも思いやりです(^^)

思いやりは相手に合わせる

確かに
相手を思いやる言動は
大切ですが

誰にでも同じように
思いやりを使っていくと

自分勝手な人に
傷ついたり
悩んだりしてしまう場合があります

ポイントは
相手に合わせて
自分の思いやりを
使っていくことです

「あ~、この人とは
価値観の温度差が違うな」と
思ったことはありませんか?

温度の違いは人それぞれであり
こちらがより熱い想いで
思いやりを使ってしまうのは

相手のことを
本当の意味で大切にしていることには
なりません

自分勝手
自己中心的な相手に
思いやりを持って接し続けることは

相手にとっても
良くないことです

依存心を増長させたり
成長を阻んでしまう
ことがあるからです

自分のことを守るため
自分を大切にするためにも

相手に合わせて思いやりの
エネルギーを使っていくのは

とても大事なことなのです☆

反対に
あまりに熱い思いで
せまられても

それに対して応えられない
自分がいて
困ってしまったという
経験も少なからずあるのでは
ないでしょうか

自分も余裕がないときは
相手の思いやりに
反応できないときも
あるかもしれませんし・・

知り合って間もないとか
まだよくわからない人に
対しては

少しずつ思いやりを使いつつ
相手の言動の様子を
よく観察していきましょう(^^)

長いスパンで考え
相手との温度差を見極めつつ

思いやりを使っていけると
いいのかもしれません☆

a:22 t:1 y:0