今を生きる

今を生きる


今を生きるというのは

今現在が良ければいい
今さえ楽しければいいんだ

ということではありません

昔、子どもの時など
つらい経験をしてきたことで

二度とそんな思いをしないぞと
とらわれすぎてしまうがゆえに

前に進めなかったり
今目の前にいる大切な人や
大切な行動ができていなかったり
する人は

過去の感情を癒やし
捉え直しをして
変化をさせていく必要があります

過去にあった出来事を
今でも同じように感じてしまう人は