プロフィール

私の両親は、
決して器用な方ではなく
今を生きるタイプであり

子どもだった私には
不安定な環境の中にいたと
感じざるを得ませんでした

自分がしっかりしなくては!

子どもながらに、親に頼っては
いけないという強い思いから

自立心だけは
早く身についたように思います

不器用なところは自分にも
引き継がれ

人には頼れないと思ってしまう
癖から

言いたいことが上手に
言えなかったり

空気を読むことが
できなかったり

断りたいのに
妙な罪悪感から
なかなか断れずにいて

今思えば
つまらないことで
大事な時間に多くの事を
費やしてきてしまって
いました

心理学との出会いは
大学1年生のときです

教育心理学の授業が
とても興味深いと思い

いつかじっくり学んでみたいな
と思っていました

しかし、その後忙殺される
日々を送ることになります


a:145 t:1 y:0