パーソナルスペースを知ろう



人間関係に悩む原因の1つに
パーソナルスペースの違いが
わからないという場合があるかもしれません

パーソナルスペースとは

アメリカの文化人類学者の
エドワード・T・ホールによると

パーソナルスペースは
4つのゾーンに大別され

それらはさらに近接相と遠方相の
2つに分類れるようです(Proxemics)

1・密接距離

ごく親しい人に許される空間。

☆近接相(0〜15cm)抱きしめられる距離。

☆遠方相(15〜45cm)
頭や腰、脚が簡単に触れ合うことはないが、
手で相手に触れるくらいの距離。

2・個体距離

相手の表情が読み取れる空間。

☆近接相(45〜75cm)
相手を捕まえられる距離。

☆遠方相(75〜120cm)
両方が手を伸ばせば指先が
触れあうことができる距離。

3・社会距離

相手に手は届きづらいが、
容易に会話ができる空間。

☆近接相(1.2〜2m)
知らない人同士が会話をしたり、
商談をする場合に用いられる距離。

☆遠方相(2〜3.5m)
公式な商談で用いられる距離。

4・公共距離

複数の相手が見渡せる空間。

☆近接相(3.5〜7m)
2者の関係が個人的なものではなく、
講演者と聴衆と言うような場合の距離。

☆遠方相(7m以上)
一般人が社会的な要職にある人物と
面会するような場合におかれる距離。

(ウィキペディア参照)

パーソナルスペースは
他人に近付かれると不快に感じる空間のことで
パーソナルエリアとも呼ばれます

パーソナルスペースは
個人差があり男女差もあります
比較的男性の方が広いようです

広い人と狭い人がいて

相手との関係性によっても
広さが違います

ヤマアラシジレンマが起こるのも
パーソナルスペースの違いによる
互いの距離間の違いが
原因の1つともいえるのかもしれません

パーソナルスペースが狭い人は
外交的で、ポジティブな人が多いのに対して

パーソナルスペースが広い人は
内向的で、ネガティブな人が多いようです

狭いのと広いのと
どちらがいいとか悪いとかいうことでは
ありません

パーソナルスペースの違う人への理解と付き合い方



パーソナルスペースが違う人同士が
関わるときにできる温度差が

人間関係のひずみの原因になっている
可能性があるので

もし違和感を感じた場合は
パーソナルスペースが違うのかもしれないと
考えてみるといいでしょう

パーソナルスペースが広い人の
特徴としては

一人で行動するのが好きで
集団行動が苦手

相手との距離を取ろうとする
自分のペースを乱されたくない
と思っている

パーソナルスペースが狭い人から見ると
パーソナルスペースの広い人は

近づきにくい
何を考えているかわかりにくい
もっと親しくなりたいのに壁を感じる

といったように
仲良くなりたいと思う相手であるほど
寂しいと感じざるを得ない状況が
少なくないのかもしれません

パーソナルスペースが広い人から見ると
パーソナルスペースが狭い人は

侵入的で
「北風と太陽」の物語の
北風のように、無理やり
上着を脱がせようとしてくる人だと思い

急に距離を縮めてこようとする行動に対して
時にストレスを強く感じてしまうことが
あるかもしれません

両者が理解しあうのは
簡単ではないと
一見思えるかもしれませんが

まずは自ら相手の世界を
理解しようとしていきましょう

そして
こちらの気持ちもうまく伝えて
いくことが大切です

自分のパーソナルスペースを
大事にし

相手のパーソナルスペースも
尊重していきながら
お付き合いしていくことで

人間関係がスムーズに
潤滑になっていくのです(^^)


a:90 t:1 y:0