目次

アサーションを活用しよう

怒らせるつもりで
言ったわけではないのに

自分の思いがうまく伝わらず
誤解されてしまったとか

頼まれごとをして
本当は断りたいと思っていたのに
断れずに困ってしまった

ついカッとなってしまい
強く相手を責めすぎて
人間関係が悪化してしまった

などの経験はありませんか?

そんな時には

コミュニケーション技法の
ひとつである

アサーションの活用が有効
かもしれません

アサーションとは

アサーションとは
「人は誰でも自分の意見や要求を表明する権利がある」
との立場に基づく適切な自己主張のこと

トレーニングを通じて
一方的に自分の意見を押し付けるのでも
我慢するのでもなく

お互いを尊重しながら
率直に自己表現ができるようになることを
目指します

(コトバンクより)


アサーションは
アサーティブなコミュニケーション
アサーティブネスとも言います

自己主張することが重要とされる
アメリカ生まれのアサーション

アサーション(assertion)は
「主張」「断言」という意味で
辞典には掲載されていますが

自分の意見を一方的に押し付ける
というわけではありません

アサーションとは

自分も相手も大切にしながら
自分の意見や考え気持ちを
率直に、正直に
その場にふさわしい方法で表現すること

ここで大切なのは
まずは自分のことを考える
ということです

相手を尊重しますが
決して自分のことを
後回しにはしません

アサーションによる3つのタイプ分け

アサーショントレーニングの開発者の1人である
アメリカの心理学者ウォルピィ(Wolpe,J.)は
自己表現のタイプには3つのタイプあると主張
しています

1.攻撃的(アグレッシブ)

自分のことだけ考えて
他者を踏みにじるやり方

強がり、尊大、無頓着、他者否定的、操作的、自分本位、相手に指示、優越を誇る、支配的、一方的に主張する、責任転嫁

「私はOK、あなたはOKでない」

2.非主張的(ノン・アサーティブ)

常に他者を優先して、
自分のことを後回しにするやり方

引っ込み思案、卑屈、消極的、自己否定的、依存的、他人本位、相手任せ、承認を期待、服従的、黙る、弁解がましい

「私はOKでない、あなたはOK」

3.アサーティブ

自分のことをまず考えるが、他者をも配慮するやり方

正直、率直、積極的、自他尊重、自発的、自他調和、自他協力、自己選択で決める、歩み寄り、柔軟に対応する、自分の責任で行動

「私もOK、あなたもOK」


あなたはこの3つのうち
どのタイプに当てはまりますか?

日ごろはアサーティブに
コミュニケーションできる人でも

相手によってまたはその時の状況によって
時にアグレッシブになったり
ノン・アサーティブになってしまう
という場合もあるかもしれません

アサーションスキルを学ぶときの4つの考え方

アサーションスキルを学ぶとき

まずはアサーションの
考え方の基本である
土台(前提)を知っておく必要があります

この考え方の基本は
アサーティブ・マインドと
呼ばれることがあります

アサーティブ・マインドを
常に意識し

コミュニケーションで困ったときに
この考え方に立ち返るようにします


アサーティブ・マインドである
基本的な考え方は4つあります

1.誠実である

相手だけでなく
自分自身に対しても
誠実であること

つまり、自分の気持ちを抑えたり
正直になれていないかどうか
自分の感情と向き合う必要があります

2.対等である

誰に対しても対等であること

相手によって態度を変えたりせず
誰にでも同じように接することが
自分と相手とを
同時に尊重するための基本です

3.率直である

相手を尊重しながら
率直に自分の意見を言うこと

言葉を選んだり
遠回しに伝えようとはせずに
自分の主張したいことを
率直に伝えるということが
大切です

4.自己責任

自分の発言によって
起きたことを受け止め

自分の気持ちと相手の気持ちを
尊重すること

自分と他人の領域を分けて考え
どんな結果でも
自分の気持ちも相手の気持ちも尊重する
という姿勢が必要です

断るときのアサーションスキル

ここでは断りたくても断ることが
できずに困ったときのアサーションスキルを
紹介します

1.自分の気持ちや現在の状況を伝える

「あなた」を主語にすると
相手を責める口調になってしまう場合があります

「私」は~に変えて
自分の主張を相手を傷付けずに伝えてみましょう

2.相談してみる
「~すべきだ」「~しなさい」と
断定、支配、命令的な主張ではなく

「~で困っている」「~だと助かるのですが」
「できれば~して欲しい」
というように、一緒に解決策を
考えてもらうという姿勢で話をしてみましょう

3.代替案・譲歩案を提案してみる

「今は受け入れられないが、後日なら可能だ」
とか

「自分ひとりでは決められないけれど
身内や仲間に相談してからお返事します」

こちらが可能な範囲のこと
できることを踏まえた上で

「それでも良ければいかがでしょうか?」
と、相手の主張も受け入れているということを
伝えてみましょう

アサーションの活用で人間関係を豊かに

人間関係がこじれる原因のひとつに

世代の違いや
生まれ育った環境などの影響から
各々が持っている
不合理な思い込みがというものがあります

まずは自分と相手は考え方や
価値観が違うものだと
日ごろから受け止めておく
ということが

混乱を防ぐ一番大事なポイントに
なります

それから
アサーションを活用しても
いつもうまく解決できるわけでは
ありません

相手の話を時間かけて聞かずに
「それは私にはできないのです」
と、言葉少なく断ることの方が

人間関係が変にこじれることなく
きっぱりと断れて
スムーズにいくこともあるかもしれません

それは相手のタイプにもよるからです

特に相手の気持ちや状況を
汲み取れない相手にはサクッと
シンプルに断る方が有効かもしれません

自分のタイプを知るとともに
相手のタイプはどうなのか
よく見極め

アサーションの活用
人間関係をより豊かにして
いきましょう(^^)/


a:104 t:5 y:2