自分から感謝する

感謝

人間関係を潤滑にするために

「相手に感謝の気持ちを抱き
その気持ちをきちんと伝える」ことは

とても大切な要素の一つとなります☆

自分がしてあげたことは忘れ

自分がしてもらったことを
いつまでも感謝できる人は

素敵な人だと思いませんか?

そうは言っても実際は

その逆の思考パターンの人が多いのでは
ないでしょうか

さらに
『自分から感謝する』ということは

簡単なようで
難しいことなのかもしれません💦

感謝を求めるのはNG

「みんなのために動いて動いて
こんなに大変なのに
誰も感謝してくれない!」

そう思う経験は誰にでも
あるのではないでしょうか

逆の立場になってみましょう

もし誰かに何かしてもらって
感謝することを求められたら

感謝していたとしても
相手に対してしんどい気持ちに
なりませんか?

感謝の気持ちも薄れてしまうというか‥

あー、もうこんな人の世話に
二度となるもんか
なんて、思ってしまいませんか?

もし自分が
何か他人のためにと思って
行動をしたときに
見返りを期待しているのであれば

それは本当にやりたいことでは
ないのかもしれません

あるいは
無理をしているのかも
しれません

その場合は、止める
断る、という選択肢が
あるということも
心に留めておく必要があるでしょう

相手に見返りを期待したり
感謝を受けるためにしているのであれば

自分の行動自体を見直す必要が
あります☆

感謝して欲しいと思ってしまう
他の要因も重なっている
かもしれません

いずれにしても
感謝されないことで憤慨したりして
ストレスをためてしまうというのは
もったないことです

大切な自分のエネルギーを
減らすのはやめましょう

感謝するのはどんな時か

そんなこと言われても

誰にもお世話になっていないし
感謝する相手なんていない

そんな風に思う人もいるかも
しれません

自分が親になって初めて
親の苦労や気持ちがわかり
感謝するようになった

という話はよく聞きます

子どもを育てるというのは
自然界では当たり前ではありますが

妊娠出産から
大人になるまで育てるのは
非常に大きなコストが
かかります

子どもの年齢によって
苦労の仕方が違い

同じように大変だったのだろうと
親への感謝が必然と
沸き起こることになります☆

家族という組織以外にも
様々な組織に所属している私たちは
時にいろんな役割を引き受けることが
あります

お世話してもらっているときは
言われたことだけこなしていたら
良かったのに

役を引き受けたことで
様々な苦労を経験することになり

お世話する側の大変さを
理解することができるようになります

もしあなたがなかなか
感謝できずにいるとしたら

自分以外の誰かを幸せに
するために
行動するという経験が
少ないのかもしれませんね

経験をしないと感謝できない
というわけではありません

想像を働かせることができる人は

自分と立場が違う人のことでも
苦労や大変さを理解することが
できるのではないでしょうか?

☆他人のためにできることを
するという貢献の経験を積むこと

☆お世話になっている人の
苦労や大変さを理解しようと
想像を膨らませること

こういった積み重ねができた時に
人は感謝できるようになるのでは
ないでしょうか

自分から感謝していきましょう

胸がいっぱい